T-UPの考える家庭教師とは・・・
その子の「生活」そのままと向き合う
生活改善も含めてこその「教育」だと考えています。
閉ざされた「家庭」という空間に風穴をあける存在が「家庭教師」です。

規則正しい生活こそが、学力UPの大きなキーポイントであることは、様々なデータで明らかになっています。

「就寝リズム」と「学力調査の平均正答率」
「起床リズム」と「学力調査の平均正答率」
「朝食摂取」と「学力調査の平均正答率」

そのため、T-UPの家庭教師は

  1. ごはんをちゃんと食べているか?
  2. 就寝時間、起床時間は?
  3. 家族でのコミュニケーションは取れているか?

などをお聞きます。繰り返し問うことで、生活リズムについてご家族で意識してもらえるきっかけになると考えています。

家族団らん

例えば、小さいお子さんがいて、落ち着いて勉強するのが難しい環境であれば、勉強しやすい空間や時間を見つけてあげれるのも「家庭教師」だからこそできることです。

電話番号:0800-200-8819
メールでのお申し込みはこちら

T-UPの先生の心構え

T-UPの先生の心構え

その1

T-UPでは、登録している家庭教師に、月1回学習アドバイザーが研修を行っています。
家庭教師は、ただ勉強を教えるだけではなく、そのお子さんの状況を理解し、一緒に勉強に取り組むことで、お子さんと一緒に日々成長していきます。

男性家庭教師
男性家庭教師と生徒

その2

「目線を合わす」コミュニケーションを大切にしています。
英語の「understand」は「理解する」という意味ですが、読み方を変えれば「下側に立つ」です。つまり、お子さんを理解するためには、その子より下の目線で接することが重要だと考えています。
お子さんと一緒に「分からない」「知りたい」という気持ちを育みます。

その3

「ほめて伸ばす」
親や先生がお子さんに対して過度に期待してしまい、納得いく結果が伴わなくて叱ってしまうことが少なからずあると思います。
私たちは、どんな小さな進歩も見逃さず、とにかくほめて伸ばすことを心掛けています。

女性家庭教師と生徒
電話番号:0800-200-8819
メールでのお申し込みはこちら
やる気
実際の授業
テスト前の過ごし方
やる気
実際の授業
テスト前の過ごし方