テスト直しのやり方

テスト直しの時、間違えた問題だけを見直しすればいいと思っていませんか?実はそうではありません。

間違えた問題を見直しすることはもちろんですが、たとえ間違えた問題だけを完ぺきに理解したとしても、同じテストで100点取れるとは限りません。
なぜなら、正解した問題の中にもしっかり理解できていない問題や、勘で正解した問題があるからです。

そういった問題は2度目のテストでは間違える可能性が高く、また、大事なポイントを含んでいることも少なくありません
T-UPでは、テストの直しの際には、正解した問題にも着目してお子さんの理解度をしっかりと確認するように取り組んでいます。

勉強中の生徒
電話番号:0800-200-8819

メールでのお申し込みはこちら

記憶

T-UPの先生は、指導前に予習を欠かさず、指導する内容を明確にしてから指導に臨みます。
そして、指導開始時にその日の課題をお子さんに伝えます。
「今日は三角形の合同条件を3つ覚えよう」というように、始めに目標を伝えることによって、生徒さんは課題の意味を理解し集中します。そして、先生は今日のポイントを指導中に何度も確認します。
なぜかというと、それは「人は忘れる生き物」だからです。
みなさん、「エビングハウスの忘却曲線」って知ってますか?
これは人がどれぐらいのペースでものを忘れていくかというデータのことです。
人は、一度覚えたことを20分後に42%忘れ、
1時間後に56%を忘れ、
1日後には74%を忘れ、
1週間後には77%を忘れ、
1ヶ月後には79%を忘れるとあります。
簡単に言うと、学校の授業を聞いている最中に忘れ始めて、終わった後には半分のことを、次の日には7割以上のことを忘れてしまうのです!!
では、その忘れていくことをいかに忘れにくくするか。それは「復習」をすること。
T-UPの先生は、指導中何度もポイントを確認し、反復することでポイントをしっかり定着させるのです

時計
電話番号:0800-200-8819

メールでのお申し込みはこちら

科目別の予習・復習

英語などの場合、多くの学校では、1つの単元に何時間もかけて指導していきます。
その為、毎回の予習がしやすく、単元を覚える時間もたっぷりあります。
この間に過去の単語などの復習もかねて行っていけば、指導もスムーズに行うこともでき、点数UPも安易にできます。

一方、数学は復習型の勉強法が効果的です。
予習は軽く済ませ、後は毎日の授業のたびにポイントを確認しながら指導すれば結果はおのずと出ます。

教科によって、予習向きな科目と復習向きの科目が色々あります。
たとえば、英語は予習向き、数学は復習向きなどです。

落ち込んでいる生徒
やる気
実際の授業
テスト前の過ごし方
やる気
実際の授業
テスト前の過ごし方